グローバル時代だからこそ、本当に大切なものは何なのでしょうか。

「グローバル人材の育成が必要だ」昨今の教育界では、そのような言葉をあちこちで耳にします。

しかし、どんな教育が本当は必要なのでしょうか。私たちは何をすればよいのでしょうか。
そのことを追求し続けた結果、私は1つの確信を得ました。


「まずもって大切なことは世界の“在り方”を感じること。世界は“愛”にあふれていることを知ること。世界を平和にしていく道はそこから始まるんだ。」
そう確信した僕は、「ふじもん先生の旅プロジェクト」を立ち上げました。

僕はこれまでに、90を超える国と地域を旅してきました。
教師としての経験と旅の体験をもとに“世界のリアル”を伝え、共に考え、世界の未来を真剣に考えることができる若者を育成していくこと。

それが僕の使命です。

その信念のもとに、「ふじもん先生の旅プロジェクト」は活動しています。どうぞよろしくお願い致します。

「ふじもん先生の旅プロジェクト」代表 藤本正樹(ふじもん先生)

book.1.jpg

電子書籍が発売されています!

2013年5月から2014年8月にかけて、世界一周の放浪をしたときの僕の体験記です。この度ご縁をいただきまして、マイナビ様より出版をしました。
南米からアジアまで、僕の旅の行程に沿って、色々な出来事や想いを書き綴ってきました。総集編だけでなく、各地域ごとに購入することも可能ですので、興味のある地域だけをお買い求めいただくこともできます。
どなたでも簡単に読めるようまとめてありますので、ぜひお気軽に手に取っていただけたらと思います。
どうぞよろしくお願い致します!

Amazon版kindleでお読みいただけます。
電子書籍が初めてという方でも、無料でKindleをダウンロードしていただければ、すぐに購入して読むことができます。